海外留学に必須の保険

男女

治療費や損害賠償への備え

語学力を身につける目的や見識を深める目的で海外に留学する人が増えていますが、外国での留学生活にはさまざまなトラブルも予想されます。そうしたトラブル発生時にどうしても避けられないのは、病気や怪我を治療するための費用や損害賠償などお金に関する問題です。海外留学にはただでさえ高額の費用がかかる中で、さらに高額な治療費や損害賠償金を全額支払うのは大変な負担となります。そのため多くの人は海外留学に出発する前に日本国内で海外留学保険への加入手続きを済ませ、トラブルへの備えを万全にしてから現地に渡航しているのです。そうした海外留学保険が役に立つ最も多い事例として、現地で急な病気を発症したり事故で怪我をしたりしたケースが挙げられます。医療保険制度が整備された日本国内では考えられないほど、海外の国々では治療費が高額なものです。日本では救急車が無料で利用できますが、海外では世界第1位の経済大国アメリカでさえ救急車が有料で数万円の基本料金がかかります。治療費はさらに高額となることが予想され、入院や手術の費用が合計数百万円から1千万円以上に達するケースも少なくありません。国によっては海外旅行保険などに加入していない場合に支払い能力がないと判断され、満足な治療が受けられない事例さえ見られます。海外留学保険でカバーできるトラブルで治療費の次に多いのは、アパートや寮などの居室に何らかの損害を与えた場合の賠償金支払いの例です。海外生活が長くなればなるほどそうしたトラブルに遭遇する確率も高くなりますので、個人賠償責任まで補償の範囲とする海外留学保険への加入は留学生にとって必須と言えます。海外留学保険は一般の海外旅行保険やクレジットカード付帯保険と比べて補償の範囲が広く、生活用動産なども補償の対象です。多くの海外留学保険は出国前に加入する必要がありますので、出発前に忘れず手続きを済ませておくといいでしょう。

Copyright© 2017 海外留学保険を利用しよう|急なケガや病気も安心 All Rights Reserved.